HOME > 阿部典英の世界 アーカイブ > 阿部典英の世界

ATELIER-MURA GALLERY 阿部典英の世界

 
少年時代に培われた物づくりの楽しさ。
海の記憶がノスタルジックな温かみを感じさせ、
樹木と語るダイナミズム、そしてユーモラスで不思議な世界。
阿部 典英(アベ テンエイ)の世界は、
なにものにも縛られない自由な発想。
時には軽快に、時には力強く心に訴えてくる。

阿部典英 略年譜

1939 札幌市に生まれる。
    太平洋戦争末期に疎開のため札幌を離れ、
    1945年11月頃から約7年間を日本海沿岸の東島牧村(現島牧村)で過ごす。
1952 中学校1年生の夏に札幌に戻る。
1957 第12回全道展初入選。
1958 札幌東高等学校卒業。札幌トーヨーゴム株式会社入社。
    1976年3月まで勤め、ゴム長靴やスキー靴などのデザインに携わる。
    独学で作家活動を始める。
1959 第14回全道展札幌市教育長賞受賞。第14回行動展初入選。
1961 第5回シェル美術賞展佳作賞受賞。
    第16回行動展絵画部門新人賞受賞。
1962 第6回シェル美術賞展佳作賞受賞。
1963 グループ《組織》結成。1966年まで10回のグループ展を開催。
1967 旭川で彫刻家・砂澤ビッキと交流を深め、阿寒に同行する。
1973 集団《12稜空間》として北海道芸術新賞受賞。
1979 グループ《TODAY》結成。
1981 グループ《TODAY》として「国際現代美術展サッポロトリエンナーレ」を開催。
    以後、1984年、1987年にも開催。
1984 第6回樹を語り作品展のために、音威子府村で滞在制作を行なう。
    以後、役10年間にわたって、夏になると音威子府で制作した。
1986 グループ《TODAY》として「第1回北海道国際文化交流賞受賞。
1993 とうや湖ぐるっと彫刻公園(現洞爺湖町)にモニュメント設置。
1996 「木の造形 旭川大賞展」にて優秀賞受賞。
2000 札幌市民芸術賞。北海道立体表現展開催。
    以後2003年、2006年、2008年、2010年にも開催。
2002 中山峠森の美術館(喜茂別町)にモニュメント設置。
2003 芸術の森美術館(札幌)にて立体作品を中心とした個展。
2007 67歳 洞爺湖国際彫刻ビエンナーレ2007にて小田㐮賞受賞。
2011 北海道文化賞受賞。
2012 「阿部典英のすべて―工作少年、イメージの深海をゆく」(北海道立近代美術館)
    「心の原風景―海への回帰 阿部典英展」(市立小樽美術館)